口コミでも評判の宅配クリーニング業者を比較ランキング形式でご紹介します!【おすすめのデリバリーサービス】

手間がかかるカーペットは宅配クリーニングを利用する

公開日:2019/03/15  最終更新日:2019/03/07

仕事や家事に忙しく、クリーニングに出す時間が無いという悩みはよく耳にします。

特に絨毯やカーペットなどの大きなものは家庭で洗うのは大変だし、そもそも家庭ではなかなかきれいに洗う事が出来ません。

そんな時には宅配クリーニングなら家まで取りに来てくれて、プロによる技術でしっかり汚れを落してくれます。

忙しい人こそぜひ利用したい便利なサービスです。

 

大きなものほど宅配クリーニングは便利

カーペットなどをクリーニングに出したいけれど、店舗まで運ぶのは大変だという人にとって、宅配クリーニングは便利で欠かせないサービスです。

洋服もまとまった量になれば持ち込むのは確かに大変ですが、絨毯カーペットなどの大きなものになればさらにその労力は大変なものになります。

そんな時には自宅まで取りに来てくれて、クリーニング後も自宅まで届けてくれる宅配サービスが何よりもおすすめです。

そもそも、カーペットなどの大きなものは家庭用の洗濯機で簡単に洗えるものではありません

万一洗濯機の中に入れる事が出来たとしても、汚れを確実に落とすことは簡単な事ではないし、無理に洗濯機で洗ってしまったためにほつれや破れなどが起きてしまう事も考えられます。

毎日家族が使うカーペット類は、家族構成やペットの有無、ライフスタイルによっても差がありますが、かなりの汚れが蓄積しているものです。

家族の健康のためにも、絨毯などをきれいで清潔な状態に洗い上げる事は大切です。

頻繁に洗う事は出来なくても、定期的に宅配クリーニングを活用すれば楽に清潔な環境を保ちやすくなります。

 

じゅうたんなどを宅配クリーニングに出すメリット

毎日生活する部屋に敷きっぱなしにしている敷物類は、本当ならタオルやシーツなどの寝具同様にいつもきれいにしておきたいものです。

でもサイズも大きく厚みもあるようなものなら自宅で洗濯するのはもちろん無理だし、クリーニング店まで自分で運ぶことさえままならない場合が少なくありません。

宅配クリーニングに出すことの最大のメリットはもちろんお店まで運ぶ手間が省ける事です。

しかもそれだけでなくシミやダニ、様々なバイ菌なども徹底的に除去してもらえるので、安心して使えるようになる点も大きな魅力です。

また、次に使うシーズンまでの間保管してもらえるサービスを提供している所もあるので、上手に活用すれば家の中をすっきりと広く使えます。

料金は業者によって設定が異なりますが、薄型の折り畳める製品の場合、平織やタフテッドなどの場合と、レーヨンの場合とで料金が変わります。

厚型で折りたためない製品の場合はウイルトンかシャギーかなどの違いにより料金に差が生まれます。

さらに高級カーペットなどの場合は、フック、緞通、手織り高級絨毯などの種類に分かれるのが一般的です。

 

絨毯やカーペットが傷まない方法のクリーニングを選ぶ

宅配クリーニング店を選ぶとき、大切な絨毯などを傷める心配のない方法で洗ってくれるところを選ぶことはとても大切です。

絨毯やカーペット以外にもラグやマットなど、サイズも素材も様々な製品を取り扱うところで、使われている素材や製品の特長に合わせた方法で洗ってくれるところを選ばないと、大切な敷物類を痛めてしまう事に繋がります。

例えば多種多様な種類の敷物類を画一的な機械洗いですべて対応しようとすれば、物によってはひどいダメージを受けてしまう場合もあります。

その為できれば手洗いが基本で、敷物の種類に合わせて丁寧に洗い方や使用する洗剤類を変えてくれるようなところを選ぶのがおすすめです。

一度に大量の敷物類を大型の機械で効率よく洗おうとすれば、水を使って丁寧にすすぐ必要のないシャンプー洗いなどを選択せざるをえません。

この方法だと一度に効率的に処理できるので費用は安く済んだとしても、汚れがきれいに落ち切れず、しかも洗剤が濃く残ってしまう事が考えられます。

繊細な織物でできた製品の場合、乱暴に機械で何もかもいっしょに洗ってしまうような方法ではなく、素材に合わせた洗濯方法を選んでもらえる業者を選ぶことが大切になります。

 

小さな子供がいても安心の安全性の高い洗剤を使っているか

絨毯などを室内で使用する日本人にとって、これらの敷物は子供が直接その上でハイハイするようなとても人の肌に近い製品になります。

汚れたものを長く使う事も不安ですが、クリーニングによって使用される洗剤がどんなものなのかや、洗った後に残っていないのかという事はとても気になるポイントです。

洗浄力の強い合成洗剤を使用したクリーニング店の場合、洗い方によっては最後に水で綺麗に洗い流す工程が省かれ、成分が濃く残ったままの状態になる事も考えられます。

抵抗力の弱い小さな子供がいるような家庭ならなおさらですが、出来る事なら安全性の高い洗剤を使っている業者を選びたいものです。

現在多くの人を苦しめるアレルギー体質を引き起こす原因は、様々なものが指摘されています。

洗濯やクリーニングに使用した残留洗剤が肌を刺激するケースもあると言われ、特にアトピー性皮膚炎などにつながる可能性が指摘される場合もあるようです。

小さな子供が家族にいるような場合、絨毯類のクリーニングにはより安全性の高いものを使っている業者を選べば、安心して子供を遊ばせることができます。

 

出す前にほつれや破れ、シミなどの状態を確認しよう

カーペットなどの敷物類をクリーニングに出す前には、洋服を出す時と同じようにほつれや破れ、シミなどの状態を事前に確認しておくようにしましょう。

洋服のクリーニングに出す時にも破れた部分やスポット汚れの部分には糸で印をつけるなどのひと手間をかける事で、その部分に注意を払ってクリーニングしてもらえるようになります。

特に破れやほつれなどがあった場合、そのまま何の報告も載せずに出してしまうと、クリーニングの作業中にさらに破損がひどくなってしまう事も考えられ、後々トラブルになるケースもあります。

クリーニング店によっては破れやほつれの修理も頼めば引き受けてくれるところもあるので、事前に相談してみるのがおすすめです。

逆に破損のある製品は受け付けられないと断られる場合もあるので、出す前にほつれや破れなどの破損がないかどうかは必ずしっかりと確認しておくようにしましょう。

また大きなシミなどがある場合、何によるシミなのかを伝えておくことで、しみ抜き作業がより効率的に確実にしてもらえるようになります。

大切な絨毯類は出す前のひと手間が重要なポイントです。

 

カーペット類は想像以上に汚れている物

見た目には特にひどい汚れが見当たらないような場合でも、毎日使用する敷物類というのはしっかりとお手入れをしておかないと、自分が想像しているよりもはるかに汚れているものです。

表面のほこりや大きなゴミなどは毎日掃除機をかければほとんど取り除くことができるかもしれませんが、敷物類を汚すのはホコリばかりではありません。

毎日そこに暮らす家族が足で踏んでいるわけなので、皮脂や汗などが付着して蓄積しています。

さらに食べ物の油分やペットなどの細かい毛、飲み物類のシミなど、生活していくうえで考えられる様々な種類の成分が表面にこびりついている物なのです。

表面的な汚れは掃除機で吸い取ったり家庭用洗剤、重曹などを使って落としている人もいるかもしれませんが、この方法では表面的にはきれいに見えても、ダニや様々な雑菌などまではきちんと取り除けないものです。

自分が想像している以上にひどい汚れを貯め込んでいる敷物類は、宅配クリーニングを利用して徹底的にきれいにするのがおすすめです。

プロの確かな技術によって家庭では落としきれないよごれも除去することができます。

サイト内検索
記事一覧