口コミでも評判の宅配クリーニング業者を比較ランキング形式でご紹介します!【おすすめのデリバリーサービス】

宅配クリーニングはコンビニ持ち込みが可能!

公開日:2019/03/05  

宅配クリーニングは自宅から洗濯物を配送したり、洗い上げた洗濯物を受け取れる便利なサービスでお仕事で忙しい方には便利なサービスですが、宅配事業者が訪問した時に在宅していなければならないのが大きな課題でした。

そのような問題を解決するためにコンビニに対応した事業者も登場し、これまで以上に利便性が高まりました。

 

忙しい方に便利な宅配クリーニング

大切な洋服を汚してしまってクリーニングに出したいと思っても、昨今のさまざまなビジネスやライフスタイルの変化からクリーニング店がオープンしている時間帯に足を運ぶのが難しい方も増えています。

そのような問題を解決したのが宅配クリーニングの登場で、インターネットや電話で申し込めば自宅まで宅配事業者が集荷に来てくれるので手渡すと専用のクリーニング工場に送られ、プロの技術とノウハウにより汚れをしっかり落として仕上げられた後、再び宅配便で自宅まで届けられるというお手軽さから利用者が急増しています。

従来の店舗型のクリーニング店の場合は店舗を用意して維持修繕したり、窓口のスタッフの育成や人件費などのコストが料金に反映されていますが、宅配クリーニングでは原則として店舗を持たないため、そこで浮いたコストが料金に還元され質が高いサービスであるにも関わらず低料金を実現しているのも大きな魅力です。

そんな便利でお得な宅配クリーニングは瞬く間に人気となると成長産業と化し、大手フランチャイズ店も次々と参入したことから、利用者は豊富なサービスの中から自身に合った事業者を選べるようになりました。

 

指定されたパッケージに詰めて送るだけ

多くの宅配クリーニングを利用する流れは、インターネットや電話で申し込むと宅配キットが配送され、洗濯物を詰めて梱包して宅配便の伝票を貼付して配送し、クリーニングが行われてから再び自宅まで届けられます。

宅配キットはもちろん無料でダンボール箱あるいは専用の袋、宅配便の伝票などが入っており、あらかじめ会員登録を済ませていた場合には、伝票の送り主の住所や名前もプリントアウトされた状態で届けられるケースもあり、自身で記入することすら行う必要も無いなどお手軽さを徹底しています。

ダンボール箱や専用の袋にクリーニングを依頼したい洗濯物を詰めてしっかりと梱包してから伝票を貼付し、宅配業者に連絡をして集荷に来てもらうか自身で集荷を受け付けている窓口に持ち込めば、宅配クリーニング事業者のクリーニング工場まで送付されクリーニングが実施された後、再び自宅まで配送されるまでが一連の流れです。

このようなシステムが提供されることにより、最寄に店舗型のクリーニング店が無い方やオープンしている時間に足を運ぶのが難しい方でも質の高いクリーニングサービスを利用することが可能となりました。

 

コストダウンを徹底して低料金を実現

従来型の店舗型のクリーニング店では店舗の維持修繕、窓口スタッフの育成や雇用、宅配を行うための車両の維持やメンテナンスなどさまざまなコストがかかっており、それは当然クリーニング料金に反映されていました。

一方の宅配クリーニングでは実店舗を持たず、申し込みの受付や顧客データの管理など多くの実務の部分をインターネットで行っているのに加えて、配送は宅配事業者に委託していることから大幅なコストダウンに成功し低料金を実現しています。

低料金でもサービスはしっかりしており専用のクリーニング工場では最新の設備を備えているのに加えて、洗濯機に入れてオートメーションでクリーニングを行える素材の物の他にも、デリケートな素材の物であれば長年の経験とノウハウを持った職人の目視による確認と手作業によって丁寧に仕上げることもあります。

もちろん安いのが全てではなく着物やスーツなどデリケートなものについては別料金で1ランク上のより質の高いサービスの提供も行われており、従来の店舗型のクリーニング店と同様にあらゆるニーズに合わせて選択することが可能です。

 

集荷や配送は便利な一方で課題も

申し込みをすれば宅配キットが届けられ宅配事業者に洗濯物を手渡した後、クリーニングが行われて再び自宅まで届けられるのが忙しい方にも便利な宅配クリーニングですが、その一方で課題となるのが集荷や配送の際に在宅していなければならないという点です。

不在だった場合は再配達を依頼することは可能ですが、もしも夜間に受け取りを指定していたのに不在となった場合は再配達を依頼しても翌朝以降になるケースもあり、大切な席に着て行きたい服など急いでいる場合には大きな痛手となります。

また、昨今では宅配事業者の慢性的な人手不足の問題や働き方改革の取り組みから、多くの大手宅配事業者でも人員が足りない時には対応時間帯でも再配達が不可能になることがあるとアナウンスされているほか、何度も車両が稼働することによるCO2の排出も大きな社会問題となっているため、できる限り再配達は避けたいところです。

集荷や配送は最寄に宅配事業者の営業所があれば直接窓口まで足を運んで手続きを行うことも可能ですが、近くに無い場合はそうも行きません。

そんな問題を解決するために登場したのが、コンビニに対応した宅配クリーニングの登場です。

 

コンビニで集荷や受け取りが可能に

宅配クリーニングを依頼する際に生じる集荷や配送に関するさまざまな問題を解決するために生まれたアイデアが、コンビニを利用すると言う方法です。

多くのコンビニでは宅配便の荷物の集荷や受け取りの受付窓口を委託業務として請け負っており、1日数回の割合で提携している宅配事業者の車両が巡回して荷物の積み下ろしが行われています。

宅配便の送り状が貼付された荷物を店頭スタッフに手渡せば受け付けてもらえるほか、クリーニングが実施された洗い物が指定したコンビニに配送されると通知が来るので、宅配クリーニングに指定された書類を印刷するか、専用アプリのバーコードを表示させてコンビニの店頭のレジのセンサーで読み取れば認証が行われて荷物を受け取ることができます。

これならば自宅で集荷や配送をしてもらうケースと違い在宅している必要は無く、コンビニがオープンしている24時間のうち自分の都合の良い時間にいつでも手続きを行うことが可能です。

集荷や配送の方法が増えることでユーザーの利便性も大幅に向上し、今やクリーニングを依頼するために時間に縛られることは無くなりました。

 

クリーニングボックスが用意されていることも

宅配クリーニングの一部には、かつて店舗型のクリーニング店から移行した事業者もあり、インターネットで多くを行う宅配クリーニングと従来型の店舗を併設しているケースも少なくありませんが、その中には店舗に24時間受付のクリーニングボックスを設置している事例もあります。

受付用のボックスに洗濯物を入れるとクリーニングが実施され、仕上げられた洋服が専用のボックスに入れられます。

あるいは宅配クリーニングで受け付けた洗い物でも、受け取りにクリーニングボックスを指定できます。

クリーニングボックスはタッチパネルのディスプレイに受付番号を入力したり、スマートフォンで認証を行うことでロックが解除され、仕上げられた洗濯物を受け取ることが可能です。

これならば24時間いつでも都合の良い時間にクリーニングを依頼したり受け取りが可能で、宅配事業者を経由するタイムラグが無いのが大きなメリットです。

しかしその一方で、クリーニングボックスを設置している事業者がまだまだ少ないのも大きな課題です。

いずれにしても多くの宅配事業者は限られた顧客の獲得競争が激化している中で利便性の向上に努めており、豊富な選択肢を選べる嬉しい状況となっています。

サイト内検索
記事一覧