口コミでも評判の宅配クリーニング業者を比較ランキング形式でご紹介します!【おすすめのデリバリーサービス】

宅配クリーニングは最短で即日お届けに対応できる?

公開日:2019/03/15  最終更新日:2019/03/07

宅配クリーニングでは残念ながら、即日でのお届けはできません。

宅配便を使うため、早いところでも最短で翌日配達となっています。

そのサービスが利用可能なのは、特別会員になっている場合のみとなります。

18時までに預けて、翌日の21時から24時まで受け取れるというサービスです。

翌日配達が可能な宅配クリーニング会社はごくわずかです。

 

預けた当日のうちの配達はできない

宅配クリーニングは宅配便を利用したサービスであるため、預けた当日のうちに受け取るということはできません。

当日の受け取りを希望する場合は、近所のクリーニング店になるべく早い時間帯に持ち込み、依頼するということになります。

宅配クリーニング会社の中には、当日の配達はできないものの、都内23区内に限って最短で翌日の配達を可能としているところもあります。

18時までに預ければ、翌日の21時から24時まで受け取れるというサービスです。

コンビニエンスストアでの受け取りも可能であるため、遅い時間帯に受け取ることになります。

ただしこのサービスが利用できるのは、特別会員になっている顧客限定となるようです。

当日でなく翌日の配達であっても、利用できるのは都内23区内に限られますから、大半の人には利用できないサービスです。

宅配によるクリーニングは、急ぎでない場合に利用するものと考えたほうがいいでしょう。

仕上がるまでの速さよりも、クリーニング店の営業時間を気にせずに依頼できたり、受け取れたりできる利便性を重視する人に向いたサービスと言えます。

 

宅配便利用であるため時間がかかる

宅配便は、基本的に預けた翌日の配達となります。

たとえ配達先が近くであっても、翌日に届けられます。

急ぎの場合はバイク便を利用したり、当日配達のサービスを使うことになりますが、バイク便は料金が非常に高く、当日配達サービスは利用可能な地域が限定されています。

宅配クリーニングは、料金があまり高くなく、全国で利用できるというのもセールスポイントになっていますから、当日配達が可能になるよう力を入れるということはしづらい面があります。

それよりも料金を抑えたり保管サービスを充実させたりするほうが、顧客獲得に結びつきやすいと言えるでしょう。

宅配クリーニングはシミ抜きサービスも充実していますから、急ぎの場合も利用したくなるところですが、やはりスピード重視の場合は近所の店を利用することになります。

宅配クリーニングは全国から集客できるというスケールメリットを生かして、枚数を多く頼んだ分は送料を無料にするなどして、低料金化に努めています。

即日配達というサービスはコストがかかり、全体の収益にマイナスに作用しかねず、今後も実現は難しいでしょう。

 

即日での対応にはコストがかかる

顧客が預け入れにも受け取りのときにも足を運ぶことができるなら、近くのクリーニング店での即日受け取りはたいてい可能です。

多くのビジネスホテルやシティホテルも、宿泊客が午前中の早い時間帯に預け入れれば、当日中に受け取れるサービスを提供しています。

中には3時間後に受け取れるサービスを提供しているところもあります。

ただしその場合は、料金が5割増しになったりするようです。

スピード対応するためには、そのための人員を確保しておかなければなりませんから、やはりそれなりのコストがかかるものです。

宿泊中は替えの服がないケースが多いですから、利用者は常に一定数いると見られます。

そのため、そうしたサービスを提供できると考えられます。

宅配クリーニングを利用する人は、自宅にいることがほとんどであるため、替えの服もたくさんあり、当日受け取りの需要がそう多くはなさそうです。

シミ抜きはすぐにやって欲しいでしょうが、その後の受け取りに時間がかかってもかまわないという人は多いでしょう。

もともと宅配便を利用したサービスであり、受け取りを急がない人をターゲットにしていると見られます。

 

数日かかってもいい服を依頼する

宅配便を利用することになりますから、宅配クリーニングに頼むときは、受け取るまで数日かかってもいい服にすることが望まれます。

急がなければ、宅配クリーニングはなかなか魅力のあるサービスです。

地方では過疎化が進み、コンパクトシティ化が進んでいますから、近所にクリーニング店がないという地域は少なくないでしょう。

高齢化が進み、地方でも車を使わない世帯が増えていくことも予想されますので、クリーニングが利用しづらい環境は増えていきそうです。

そうした面からも、宅配クリーニングが普及するのは、歓迎すべきことです。

また、さまざまな分野で24時間サービスがおこなわれるようになり、クリーニング店の営業時間内に持ち込むことが難しいケースも増えています。

宅配クリーンニングではコンビニエンスストアを利用できるため、時間を気にせず持ち込みも受け取りもできます。

宅配便だと在宅時間を気にしなければならず、スケジュールに縛りが生まれるため、コンビニエンスストアに自分で出向く方が楽と感じる人もいます。

時間の融通性という面でも、メリットがあります。

 

預けたことを忘れるのを防げるメリット

近所のクリーニング店に頼む場合、急ぎでない服の場合は、預けたのを忘れることもあります。

預かり証を紛失してしまった場合は、特に面倒です。

自分が取りに行かない場合はそのままになってしまうこともあり、クリーニング店で保管はしてくれているものの、すっかり忘れてしまっている場合はその服を当分着られないことにもなりかねません。

宅配クリーニングなら自宅に届けてもらえますから、預けたのを忘れるという心配はまずありません。

インターネットで記録をすぐ確認することもできます。

宅配クリーニングの中には、半年以上の長期保管サービスをおこなっているところもあります。

街中のクリーニング店は地価の関係で、保管場所を確保するのが難しいでしょうが、宅配クリーニング会社なら、地価の安いところに保管場所を確保できますから、そうしたサービスも十分可能になっていると見られます。

かさばる服や寝具を長期保管してもらうこともでき、しかも預けたことを忘れてしまう心配もほとんどないとなれば、利用しがいがありそうです。

やはり宅配クリーニングは、急ぎでない衣類を依頼するのに向いたサービスと言えそうです。

 

スケールメリットを生かしたサービス

宅配によるクリーニングでは即日配達はできませんが、スケールメリットを生かしたさまざまな無料サービスをおこなっています。

全国から注文を受けることができるため、扱い量が多く、そのためにシミ抜きやボタン修理および毛玉取りなどを無料でおこないやすいようです。

個別対応で無料とするのは難しいでしょうが、大量にある場合は、シミ抜きやボタン修理および毛玉取り専門のスタッフを確保することもできます。

ひとり何役もおこなうより、ひとつの専門分野に取り組んだほうが、効率良く作業でき、仕上がりも良くなるものです。

顧客はその高い技術を無料で利用できることになるため、とてもお得と言えます。

近所のクリーニング店の技術も高い場合がほとんどでしょうが、無料とはいかないことが多いです。

宅配のクリーニング会社なら、営業エリアは全国となり、膨大な量が扱えることになり、無料でそうしたサービスを提供しやすいと見られます。

宅配便の送料がかかりますから、本来は料金も相当高くなるはずですが、送料を無料にしているところでも低料金化が進んでいるのは、取り扱い数が増えているからであると考えられます。

サイト内検索
記事一覧