口コミでも評判の宅配クリーニング業者を比較ランキング形式でご紹介します!【おすすめのデリバリーサービス】

宅配クリーニングの価格相場はいくら?

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/06/14

宅配クリーニングはたくさんの業者が参入した結果、以前よりも使いやすい値段になっているようですが、相場はどれくらいでしょうか。

金額に含まれているサービス内容や選ぶ際に重視したいポイント、どんな人にオススメかを考えます。

宅配クリーニングの相場はいくらか?

宅配クリーニングは価格が高めの印象がありましたが、今は多くの企業・店舗が参入しているので、金額の面での競争により、値段も落ち着き、利用しやすくなっているようです。

では、宅配クリーニングの相場はいくらくらいなのでしょうか。一般的に出すことの多いスーツの上下の金額で考えてみましょう。

一般的には、スーツ上下のクリーニング料金は、1,400円弱から2,500円強までとなっています。こちらはサービスや内容の違いなどで発生する差額ですので、一概に比べることは難しいかもしれませんが、価格の安さに驚く方も多いことでしょう。

そして値段ですが、1点ずつですと高くなる傾向があるものの、5点や10点など利用する点数が決まっていていたり、まとめて出すと割引されるものですと価格が安くなります。

たとえば冬物10点分の料金ですと、合計で7,000円弱から11,000円弱までとなります。ちなみにパック料金がない会社でも、10点当たり11,000円前後となりますので、かさばるタイプのものを数点だけ出したい場合にはパック料金がない会社も検討できます。

一般のクリーニング店に出すのとどちらが得か?

固定概念として、地元で展開しているクリーニングの方が安いと考える方も多いことでしょう。

宅配クリーニングの場合は、配達料がかかるからです。ですが、宅配クリーニングが安い場合もあります。たとえば、5点・10点などクリーニングに出す点数が決められているものです。

一般のクリーニング店ですと、品種によって値段が決まっていますから、スーツやコートなど手間暇がかかるものは値段が高くなります。

ですから、点数による一律料金ですと、宅配料金に軍配が上がることも往々にしてあります。それで、値段や受け取れる時間などを考慮して、どちらに出すか差別化することでコストを下げられるかもしれません。

そしてコスト以外にも考えるべき時間的な要素があります。クリーニング店は開いている時間が限られており、仕事が忙しい方はクリーニングを出しに行くのも取りに行くのも容易ではありません。

その点、宅配クリーニングでは、スマートフォンなどで集荷の予約をして、指定した時間にやり取りすることが可能です。ですので、時間を有効に使うことができるという点では宅配がお得と言うことになります。

できるだけ安い価格で選ぶ場合のポイント

クリーニング料金の価格をできるだけ抑えたいという方が宅配クリーニングを利用する場合には、出す点数で価格を比較するとよいでしょう。

各会社では、様々なサービスを展開していますので、単品で出す場合・パックで出す場合の金額に差が出ているからです。

一般的には、まとまった枚数を出した方が1点当たりのクリーニング価格を抑えことができる場合が多いため、衣替えの時期に一度にまとまった点数を出すとよいでしょう。

同じ業者でも、パック料金は安いものの、単品で出す場合は値段が高い場合もあります。何社かを比較することで、どのサービスに強いかがわかってくることと思います。

さらに金額的な要素としては、送料があります。1点当たりの金額が安くなっても、送料がかかる業者もありますし、全国対応している会社であれば、北海道や離島などは送料の割増を設定していることが多いものです。

そういったことも踏まえて価格を比較することも大切です。加えて保管もお願いしたい場合は、保管料の有料オプションが必要になる場合がありますので、確認が必要です。

仕上がり品質で選ぶ場合のポイント

仕事で着るスーツなどを出したい場合は、仕上がりの善し悪しが仕事に直結することもありますので、仕上がりやクリーニングの品質にこだわる方も多いことでしょう。

そのような方であれば、しみ抜きサービスや梱包についても考える必要があります。仕事の昼食や接待などの場でついてしまいがちなしみ抜きサービスを無料としている会社は多いようですが、記載がない場合はしみ抜きが有料で実施されることが想定されます。

さらに、頑固なシミへの対応が有料でもできるかどうかもポイントとなります。しみ抜きは技術が必要ですので、適切なしみ抜きをすることができるかどうかは業者の対応能力の指標ともなることでしょう。

加えて、一般のクリーニング店では大抵の品種はハンガーにかけて仕上げることが普通ですが、宅配業者ですとそうでない場合もあります。

ハンガーにかけることで衣類のいたみを軽減することにつながりますので、仕上げの方法についての確認も必要です。それらのサービスは値段に含まれているわけですから、値段だけの価値があるサービスを選ぶことができます。

時間的な要素で選ぶ場合のポイント

忙しい現代人にとって、クリーニングに出してから仕上がるまでの時間はできるだけ短い方が良いと思われるのも当然です。

逆に、仕上がりまでの時間が長すぎると、宅配で出すことも躊躇しがちです。宅配クリーニングは一般的に集荷から一週間程度で仕上げることが可能のようです。

ですが、スピードを重視するサービスを打ち出している宅配クリーニングでは、最短2日としているところもあります。

さらに時間的な要素で考えたいことがあります。それは保管期間です。四季の移ろいがある日本では季節ごとの衣替えが必要になりますから、衣類の量がかさみがちです。

そもそもクローゼットに入りきらないとか、クローゼットをもっと有効に使いたいと思われる方は保管期間を比較してみるとよいでしょう。

大抵の場合は夏元の冬物の衣替えを考慮して6か月以上の保管期間を提示しているようですが、格安の宅配クリーニングの場合は保管オプションが別料金で設定されている場合もあります。

いずれの場合にしても、時間的な要素が提示された料金に含まれているかどうか、きちんと比較することが必要でしょう。

どんな人に宅配クリーニングがおすすめか?

値段・サービス・時間など様々な要素を考えてみますと、宅配クリーニングを利用するほうがおすすめな方がいらっしゃることでしょう。

たとえば、近くにクリーニング店がない方クリーニング店が開いている時間にクリーニング店に行けない方にはおすすめです。

また、かさばるものや冬物などがたまってしまった方には、パック料金で一点当たりの料金を節約できるタイプで、家で梱包して宅配業者に出すだけのものがおすすめです。

さらに家が狭かったりなどでクローゼットに洋服が入らない方なども、衣替えを考慮した期間の保管サービスが提供されるものを選ぶことができます。

加えて、大家族のため洗濯の回数が多くなりがちな方にもおすすめです。

干す・取り込む・たたむ・アイロンをかけるなど様々な工程がかかる洗濯ですから、人数の多い家族であれば、一日がかりの大仕事となることも少なくありません。

大量パックのプランであれば、天候を気にすることなく、水道料金を気にすることなく、ご自分の時間を有効に使うこともできますから精神的な面から見てもお得と言えるでしょう。

宅配クリーニングの価格相場は、考えるほど高いものではありませんし、プランによってはクリーニング店に出すより安くなる場合があります。仕上がりも向上していて、時間や空間を有効に活用できますから、上手に利用したいものです。

サイト内検索
記事一覧