口コミでも評判の宅配クリーニング業者を比較ランキング形式でご紹介します!【おすすめのデリバリーサービス】

面倒なスキーウェアは宅配クリーニングに出そう!

公開日:2019/03/07  

冬のシーズンにしか使わないスキーウェアは、素材によっては自宅で洗濯することも可能です。

しかし、生乾きの可能性が高くなるためにカビの発生率が上がり、外側には防水加工も施さなければならないことになります。

そのため、クリーニングを利用すると安心の仕上がりで防水加工までしっかりとついてきます。

さらに、宅配クリーニングであれば宅配便を利用して手間なく便利に出せるというメリットがあるのでおすすめです。

 

スキーウェアは宅配クリーニングを利用しよう

子供たちも含めて家族全員でスキーに行くとなると、洗濯物の量はとても多くなります。

防寒のためのニット帽や手袋の他にも、汗をかくことから別に着替えが必要なインナーや靴下など、人数が増えるごとに帰って来てからの洗濯物は増えますが、さらにかさばるウェアの問題も出てきます。

素材によっては自宅で洗濯が可能なスキーウェアもありますが、大きいことから一枚ずつ手洗いするのは非常に時間がかかることになり、手間ともなってしまいます。

しかし、クリーニングに出すとなれば、面倒な洗濯もまとめてやってもらえるメリットがあります。

クリーニングは、店舗に直接持って行って出す方法の他にも、近年では宅配クリーニングという方法で出すことも可能です。

宅配便を利用して出すことになり、便利さとともにさまざまな安心のサービスもついています。

リーズナブルな価格もメリットの一つとなりますが、店舗に出すよりは仕上がりまでの日数がかかってしまうというのが一般的です。

けれども、スキーシーズンが終わって来年までもう着ないという時には、急ぐ必要もないので役立ちます。

 

自分の空いた時間で手間なく出せる

クリーニング店に出すとなると、店舗の営業時間や定休日に左右されることになり、仕事で忙しい毎日を過ごしている人にとっては出す時間がないという問題も出てきます。

セーター一枚だけなどかさばらないものであれば、仕事に行くときに持って行って帰りがけに出すこともできますが、スキーウェアはかさばるので、なかなかそういうわけにもいきません。

一旦自宅に戻ってから荷物を取ってクリーニング店に向かうこととなり、仕事で疲れて面倒になって出すのがついつい遅くなってしまいがちです。

けれども、宅配クリーニングであれば自宅から出すことができるので、わざわざ足を運ぶ必要がありません。

宅配便は、日にちや時間指定ができるというメリットがあります。

つまり、自分の時間に合わせてあらかじめ時間を指定しておけばいいのです。

荷物を取りに来てもらう時と仕上がりの日にちや時間も指定ができるので、面倒になって放置してしまうこともありません。

スキーは寒い場所でのスポーツとはいえ、体を動かすことによって汗をかくことになり、皮脂もスキーウェアについていることになります。

このついてしまった汚れは早く取り除いた方が落ちる可能性も高くなりますが、宅配クリーニングであればいつでも出せる環境が整っているので安心です。

 

かさばるウェアの持ち運びにも便利

マイカーを持っている人にとっては、たくさんの衣類をクリーニングに出す場合でも車に積み込んで店舗まで運ぶことができます。

しかし、車を持っていない人にとっては自転車や徒歩で店舗まで行くことになるでしょう。

自転車のかごは大きさに限りがあり、一人分の上下のスキーウェアでかごいっぱいになってしまうくらいです。

子供さんも含めて家族全員の分を出すとなると、自宅とクリーニング店を何回も往復することになります。

さらに、仕上がり後にも取りに行くことになり、ここでも荷物の移動に自宅と店舗の往復が必要になってきます。

徒歩の場合にも同様となりますが、宅配クリーニングであれば荷物を持ち運ぶことがありません。

宅配便業者に自宅まで来てもらうので、荷物の移動は自宅の玄関先までということになります。

かさばっても一枚一枚は重く大きなものではないので、無理することはありません。

小さな子供さんがいる家庭では、クリーニング店に出しに行くにも子供さんを抱っこしたり手を引いて一緒に行くことになりますが、自宅内であればその手間もなく便利に出すことができます。

 

防カビや生乾きの点から考えてもクリーニングが向いている

クリーニング代の節約のために、自宅で洗濯が可能という洗濯表示がついているスキーウェアであれば自分で洗ってしまいたいと考えている方もいるでしょう。

特殊な衣類でもあり、クリーニングに出すと一般の衣類よりも高額な費用がかかってしまいがちなので、1シーズンに数回しか着ないものに高額な費用を掛けたくないというのは誰もが思うことです。

しかし、不衛生な仕上がりになってしまう可能性も秘めていることを理解しておかなければなりません。

防寒性を高めるために、スキーウェアには中に綿が入っていたりと乾燥しにくいことも多く、気温が上がらないスキーシーズン終わりの時期には生乾きになってしまう可能性があります。

いやなにおいが発生するだけでなく、においの元でもある雑菌が繁殖しているためにとても不衛生な状態になっています。

さらに、しっかりと乾燥できていない状態でクローゼットに入れてしまえば、来シーズンまでにカビが発生することにもなります。

カビの胞子は隣にかかっている別の衣類にも広がることになり、クローゼット内の洋服全てをだめにしてしまうこともあります。

そうなれば、手間や費用はかかることになるので、結果として最初からクリーニングを利用しておけば良かったということにもなるのです。

 

スキーウェアは防水加工が欠かせない

衣類は、人から出る汗や皮脂といった汚れの他にも、外側からの汚れも付着します。

丸洗いをすることによって、内側や外側、さらに生地の奥にまで入り込んだ汚れまで取り除くことができますが、スキーウェアとなるとさらに最後に防水加工を施しておくことが欠かせません。

スキーは雪の上で滑るスポーツでもあり、外側からウェアに一番多く付着するのが雪です。

雪は水が凍ったものではありますが、溶ければ水となるので生地が濡れてしまうことになります。

そのために、購入した時にはどれも外側に防水加工が施されています。

けれども、この加工は洗濯をすることによって一緒に洗い流されてしまうことになるのです。

洗濯後には再び加工を施す必要があり、防水スプレーも多くの種類が販売されているので自分で処理することもできます。

しかし、スプレーにムラがあればその部分だけ濡れてしまうことになったり、一か所にばかりスプレーが重なってしまえばシミになることもあります。

まんべんなく全体的にしっかりとスプレーするとなるとけっこうな量を吹き付けることになり、防水スプレー代もかかりがちです。

クリーニングに出せば、プロの技術によって均一できれいな防水加工で仕上がるので安心です。

防水加工はオプションで別料金ということもありますが、ウィンタースポーツ用のウェアとなると防水加工を施したい人が大半なので、セットに含まれていることもあります。

 

衣類保管サービスも活用してみよう

宅配クリーニングでは、一般のクリーニング店にはあまり見られない特別なサービスも用意されています。

それが衣類保管サービスです。

スーツやワイシャツなどシーズン問わずに着る服であれば、早い仕上がりが求められることになります。

しかし、コートやセーターなど決まったシーズンだけの衣類となると、着ることもない夏の時期には衣類の置き場所に困ることも多いものです。

けれども、衣類保管サービスでは使わない時期には保管してくれるので、着ない洋服に場所を取られて部屋が狭くなってしまったということがありません。

スキーシーズンが終わってから宅配クリーニングで衣類保管サービスまで利用すれば、クリーニング仕上げをしてもらった後は自宅に送り戻されずに来シーズンまで倉庫に保管しておいてもらえます。

夏の時期にもクローゼット内は広々使うことができ、来年のスキーシーズンが来るとともに自宅に送り戻されることになります。

日時を指定することも可能なので、年内から早い時期からスキーを滑り始めたいという人でも安心して利用ができます。

サイト内検索
記事一覧