口コミでも評判の宅配クリーニング業者を比較ランキング形式でご紹介します!【おすすめのデリバリーサービス】

都内の宅配クリーニングと地方に違いはあるのか?

公開日:2019/04/01  最終更新日:2019/03/14

多くの宅配クリーニング会社は対象エリアを全国としていますが、都内に限って配達までの時間を短くするなどのサービスをおこなっているところもあります。

地方に住んでいても手軽に利用できるというのが宅配クリーニングのメリットでもあるため、都内の注文のみを受けるという宅配クリーニング会社はあまり見られません。

ただ都内の顧客の方が、限定サービスを受けやすいというのはあります。

東京23区内に限ったサービスもある

宅配クリーニング会社の多くは、対象エリアを全国としています。

宅配便を使ってやり取りをするのは、全国から注文を受けたいからであり、都内だけを対象にする理由はありません。

送料を無料にしているなら、対象地域を限定するメリットはあるでしょうが、送料を顧客負担とする場合は、対象地域を限定するメリットは何もありません。受注数が減るだけです。

ただし、東京23区内でのみ可能とするサービスを提供している会社はあります。

注文は全国からできるものの、翌日配達は東京23区からの依頼のみ可能となるというものです。これは宅配会社の中に、東京や大阪などの都市部に限って当日配達をしているところがあるためと見られます。

配送会社の都合によるものであり、宅配クリーニング会社が東京23区を特に優遇しているということからくるものではないようです。 翌日配達が可能であれば確かに便利ですが、急ぎの依頼なら近所のクリーニング店を利用したほうがより早く受け取れるわけですから、地方が特に不利ということにはならなそうです。

配送会社が地域限定のサービスをしているから、それを利用しているだけのようです。

全国一律で送料無料の会社も多い

宅配クリーニングは会社の中には、北海道と沖縄および離島以外は送料無料としているところもあります。

都内と地方という区別ではなく、本州四国九州とそれ以外、という区分けのようです。これも配送会社の料金体系によるものであり、宅配クリーニング会社の都合によるものではありません。

とりわけ送料が高い地域も一律の扱いとすると、それ以外の地域の利用者にとって不利益となることにはなります。配送会社が一部地域の料金をとりわけ高くしているのには、それなりの理由があると見られ、宅配クリーニング会社がその料金差の影響を受けるのはやむを得ない面があるとも考えられます。

北海道と沖縄および離島以外は送料無料としている会社が多く、それよりも条件が緩くないと、顧客獲得に有利にならないのは明らかであるため、送料については都内と地方で特に差はないと考えられます。

送料がかかる場合は、発送元から近い地域が有利にはなります。 東京23区内であれば、翌日配達が可能な宅配クリーニング会社もありますが、そのサービスを利用するには特別会員になる必要がありますし、1注文ごとに300円の追加料金も必要です。

地方にこそ、潜在的な需要がある

東京は人口が多いですから、クリーニング店も数多くあり、営業時間も長めであるため利用しやすくなっています。

一方地方の中には過疎化が進む地域も多く、クリーニング店が近くにないことも珍しくありません。営業時間も東京ほど長くないのが一般的です。

地方では車がないとやっていけないとよく言われますが、高齢化により、車が使えない世帯が今後増えると見られます。

そうした世帯ではクリーニングを利用するのが難しく、宅配クリーニング頼りとなりそうです。 宅配を使ったクリーニングは、地方にこそ需要があると言えます。

人口はもちろん少ないわけではありますが、一定の需要は続くでしょう。

そうした地域では、東京と地方でサービス内容に差があるところより、差がないところが好まれるはずです。お得感があるからです。インターネットで検索して比較する際、東京より地方が割高になっている会社があったら、他の会社を検討することになるでしょう。

東京に限って翌日配達ができるというのは、配送会社の事情によるものですから、お得感が損なわれるということはないわけですが、他の面では別です。

東京と地方での差はない会社がほとんど

宅配クリーニングは宅配便を使うことで、全国どこからでも利用できるのが大きなセールスポイントとなっています。

どこに住んでいても、一律のサービスが受けられるというのがメリットです。そのためほとんどの宅配クリーニング会社は、東京と地方に違いを設けていません。

あるのは、東京と地方というよりは、配送会社の設定する料金やサービスによる違いだけと言えます。 発送元となる地域に近い場所に住んでいたほうが、送料が安くなるということはあるでしょう。

東京と大阪でのみ即日配達をおこなう配送会社がある以上、配達までの期間が短いサービスを東京と大阪で提供しやすくもなります。

地方の、クリーニング店がそばにない地域に住んでいる人ほど使いたいサービスであるため、そこに不利な条件がないのは歓迎すべきことでしょう。

宅配便が利用できて、居ながらにして預け入れも受け取りもできるというのも大きなメリットですが、宅配クリーニング会社の多くは、シミ抜きを無料にしており、ボタン付けや毛玉取りまで無料でやってくれるところもあり、それもかなりの魅力となっています。

インターネットの普及がもたらしたメリット

宅配クリーニング会社が数多く誕生したのは、インターネットの普及によるものでしょう。

インターネットで顧客とやり取りできれば、事務作業が大いに効率化でき、対面式でない取引でも信頼性を高めることができます。

記録が自動的に残るからです。システム化すれば、より確かな記録が残りますし、さらに効率良い管理もできるようになります。システム化はインターネットの普及がなくてもできることではありますが、顧客からの注文がインターネットでおこなわれたほうが、システムに取り込みやすいというのはありそうです。

何よりも、宅配によるクリーニングサービスがあることを、顧客に伝えやすくなります。これは最近普及し始めたばかりの形態であるため、クリーニング会社としては周知徹底が切に望まれるところでしょう。

特に地方の不便な場所には、このサービスの存在を知るや、すぐ注文するという人がたくさんいそうです。電話注文は気乗りがしなくても、オンライン注文ならやってみる気になる人も多いと見られます。

遠方への注文でも、インターネットを通じておこなえば、確かな記録が残るため安心しやすい面があります。

日本全国一律のおすすめのサービス

東京一極集中が進む一方なのは、やはり東京に住んだほうが何かと便利だからでしょう。

東京は人口も多く人口密度も高いため、さまざまなサービス事業者が東京に進出します。ただクリーニングに関しては、宅配クリーニングを利用すれば、東京と地方に差はありません。

同一のサービスが、同一の料金で受けられます。これはたいへん歓迎すべきことです。クリーニング店がない地域でクリーニングを利用するときに、東京よりも料金が高くなるということなら、東京一極集中はますます進むことでしょう。

都内に限らず、過疎地よりも都市部のほうが、より良いサービスを低料金で利用できることは多いです。家電量販店やアウトレットなど、近くに住んでいる、あるいは車がある人だけが利用できるものは少なくありません。

インターネットの普及により、オンラインでも家電がかなり安く買えるようにはなりましたが、送料がかかる分、割高にはなります。

宅配を使ったクリーニングは、住む地域に関係なく利用できるおすすめのサービスです。過疎地に住む人だけでなく、多忙でなかなかクリーニング店に出向けない人にも愛用されています。

サイト内検索
記事一覧